看護師 人間関係 好かれる

人に好かれようとしすぎると人間関係に疲れるだけ

職場の人間関係で悩む人の特長は、誰にも好かれたいと思う傾向があります。嫌われてしまうのが怖い、誰にでも好かれていたいという思いが人間関係の不安を駆り立てて、どんどんと深刻な悩みとしてしまうのです。

 

でも、実際に誰にでも好かれるという関係性は難しいものです。連携が重要な看護師の仕事は、女性同士ということもあり尚更トラブルにはなりやすいでしょう。連携しようとすればするほどに空回り。患者さんのために連携は重要ですが、だからといって仲良くなったほうがいいというわけではありません。最低限仕事に差支えがない程度であればいいのではないでしょうか。

 

誰にでも好かれるというのは不可能なんだと思っておけば、それほどストレスにもなりませんし、考えすぎることもありません。合う人・合わない人は誰にでもいます。これは生まれながらもっている性格もあるので、どんな人とも仲良くなるのは無理だと思ってください。お互いにそういう存在なんだとある意味諦めるだけでも、かなり楽になります。ある程度距離を保って接してみてください。

 

どんな人でも、いつまでもそのままではありません。時間が経てばそのうち関係も修復されるはずです。焦って話し合って問題にするよりも、自然に身を任せて時間が解決するのを待っているほうが関係を悪化させずに済むでしょう。必死になると逆効果で余計に関係を悪化させる可能性が高いです。あまり人間関係で頑張りすぎず、肩の力を抜いて付き合っていけるように心がけましょう。