看護師 転職 人間関係

人間関係が原因での転職は看護師に限らない!

看護師は人間関係が問題になりやすい職場だといわれています。これは確かに働いている人もそれを実感しているはずです。転職をする理由の上位にもこの問題が食い込んでくるぐらいなのです。しかし、どうしてそう言われるようになってしまったのでしょうか?

 

まずはほとんどの職場は多くの女性で構成されているから。昔から女性同士の関係性は難しいといいますが、まさしくそれです。陰で悪口をいうとか、新人をいじめるとか……もちろんそんなことがない職場もあるでしょうが、女性が集まるとそういう状況に陥りやすいのです。

 

そして専門職であることも関係しています。コミュニケーションが取れずにいると患者さんにいい看護が提供できず、結局は看護師としてのスキルアップにも繋がらない、仕事にやりがいを見出せなくなり、退職や転職を余儀なくされるなんて場合もあります。看護師だけの問題ではない職場での人間関係も、取り巻く環境が重なってより問題となってしまうのが、看護の現場なのでしょう。

 

ただ、これは職業を限定した話ではないということ。決して看護の現場だけがそうだとは限らないのです。普通の会社員であっても、一緒に働く人との関係が問題となってくることは多いでしょう。多くの時間を一緒に過ごす人との関係がうまくいかない状態が続けば、嫌になって転職を考えるのも当然といえます。特に女性の多い職場だともつれることが多い人間関係というだけで、どの業種でも頭を悩ませる問題なのです。

良い人間関係が構築されている病院や職場は転職者が少ない

看護師の働く現場では人間関係が悪い場合が多いといわれていますが、決してそういうわけではありません。中には良好な関係性が築かれている職場もたくさんありますし、それだけが全てではないことは理解しておきましょう。転職が人間関係の理由である場合、次こそはいい職場を探そうと頑張って転職をしてみても、また次の職場でも同じようなことが繰り広げられてしまうなんてこともありえます。

 

実際に入ってみないとどのような状況かを知るのは難しいでしょうし、さすがに採用面接の際に尋ねることはできません。ではどうやって探せばいいのかというと、最近は色々な場所でクチコミが活用されており、情報をクチコミから収集するという方法があります。ただ、実際には情報を得ることは難しいです。もし見つかって働きたい病院が出来たとしても、求人が出ていなければ転職できません。

 

それはなぜかというと、いい病院こそあまり求人を出すことがないからです。いい人間関係が築けている場合は、そこを辞めようと考える人は少ないのは当然。だから求人も少ないし、情報も少なくて出回らない。そのため、探しにくいのは問題となっています。自分なりにいい職場を探す努力をする必要はありますが、探し方に気をつけないとまた同じような状態になってしまいます。何度も職場を変えていると、経歴ばかりが増えてしまって、長続きしない人と判断されてしまうかもしれません。そうなるとますます、条件がよくて職場の環境が整っている職場では採用されにくくなっていきます。看護師の転職は冷静に、そして慎重に。根気よく行いましょう。